セキュリティ対策と今後の流れ~WAFで極めるリスクヘッジ

男性

目的は重要情報

標的型サイバー攻撃は重要な情報の入手を目的としている攻撃であり、様々な手段を用いて最終的に情報を得るまで攻撃を繰り返すという特徴を持っている。厄介な攻撃でもあり、基本的にセキュリティを高めて対応することになる。

» View Detail

電子化の管理

文書管理システムは電子化されたファイル類を管理するためのシステムであり、配置とインデックスと管理の3つの機能が搭載されている。いずれも文書管理システムには大切な機能であり、どれか失ってもシステムとしては成り立たない。

» View Detail

ECMの導入

ECMは文書管理を行う基本ソフトウェア概念であり、独自にカスタマイズして文書管理ソフトとして販売するソフトウェア会社も多い。導入すると面倒だった文書ファイルの管理を自動的に行うことができ、非常に魅力が高い。

» View Detail

ファイヤーウォールの違い

脆弱性を狙う悪意ある操作から、アプリケーションを守ることができますよ!こちらでWAFを導入して、ウェブ上に潜む危険を排除しましょう。

PCの通信セキュリティを高めるために用いられるものにファイヤーウォールがある。ファイヤーウォールは火の壁と訳すことができ、まるで火の壁のように外部からの侵入を防ぐことが出来ることからセキュリティ対策においては最も一般的に用いられる事が多い。PCは様々な通信を行い、基本的に完全なセキュリティ対策を施すことはほぼ不可能である。そのためファイヤーウォールだけを用いてセキュリティ対策をすることはなく、ウイルス検知ソフトなども同時に使用してセキュリティリスクを下げていく事をしなければならない。ファイヤーウォールが最も標準的に使用される理由としてOSI参照モデルの下位層の侵入や攻撃を防ぐことが出来るというメリットがある。OSI参照モデルとはPCとその周りにある環境をレベル分けしたもので、下位層になるとより物理的に、上位層になるとより仮想的な一面を見せるようになる。それぞれの層に合ったセキュリティ対策が必要で、ファイヤーウォールは比較的下位層にあるネットワーク層のセキュリティリスクを減らすことが出来る。ウイルス検知ソフトなどは更に上位の層にしか対応することが出来ないことから、セットで対策をすることが一般的である。ネットワーク層以外にも層はいくつかあり、それぞれの層に合った対策が必要であるが、個別で対策をするというのは非常に面倒が多い。このようにまとめてセキュリティ対策を施したい時は、WAFと呼ばれるセキュリティシステムを用いる事がある。
WAFはファイヤーウォールと同様に外部からの攻撃を止める役割をするが、ファイヤーウォールでは出来なかった上位層まで対応した新しいファイヤーウォールである。特にクラウド型のWAFはファイヤーウォールが対応できるネットワーク層までカバーすることができ、WAFだけでほとんどのOSI参照モデルの層をセキュリティ対策することができる。非常に利便性が高く、また何らかの攻撃やアクションがあれば必ず内容を解析した後で判断をすることから、高確率で攻撃を無力化することが可能である。WAFの導入は企業にとってはもはや常識になりつつあり、今後は一般家庭のPCにも導入されるであろうという見方も多い。

高い品質を証明するISO9001を取得するまでの方法を紹介します!気になる情報を細やかに知ることが出来ますよ!

isoのコンサルの料金を抑えたいという方にオススメのシステムをご紹介します。信頼できるサポートを望むなら要チェックですよ。

未成年に危険が及ばないようにしっかり対策しましょう。EMA認定を取得し誰もが認める優良サイトを作り上げましょう。